0から始める仮想通貨【実践編:5】買い煽りに踊らされない為に 個人的おすすめ仮想通貨アカウント

※ここまでの記事はこちら

 

大学生の仮想通貨【概念編:1】

大学生の仮想通貨【概念編:2】

 

0から始める仮想通貨【実践編:1】指値 逆指値 トレードビュー

0から始める仮想通貨【実践編:2】仮想通貨の税金 ドルコスト平均法

0から始める仮想通貨【実践編:3】・裁定取引

0から始める仮想通貨【実践編:4】・売買手数料を抑える

 

こんばんは。べる(@belltea910)です。

 

 

すごい勢いで広まる仮想通貨熱。

Twitterで情報収集している人は一度は見かけたことがある、仮想通貨のインフルエンサー。

元は一般人なのですが、どこか詳しそうに見えます。

こうした人のツイートを参考にしている方も多いのではないでしょうか。

 

「〇〇さんが言ってたから買ったのに下がった!損した!」

そんなツイートも見かけます。

 

今回は、初心者が自分で考えて仮想通貨に投資するために必要なことを、

仮想通貨を触り始めて半年程度の僕が少しお話します。

 

半年しか触れていないので、甘いところもあると思いますが、 

少しでも参考になれば幸いです。

 

5分後にはいったい何が起きているのか予測ができない世界。

そんな世界を、少しでも落ち着いて歩くための方法です。

 

 

 

1.前回更新(1/2)からの動き

 

・DMM.comが仮想通貨取引を開始。

・アイドルグループ「仮想通貨少女」始動。

→マカフィー砲により拡散される。

・Binance、フィッシング詐欺横行。

・韓国政府、仮想通貨取引規制強化。

→拡大解釈のされた誤報。韓国法務局によるアナウンスあり。

・Gackt、仮想通貨「スピンドル」プロジェクト発表。

→取引機能のない仮想通貨であることが発覚。

 

・01/16 仮想通貨、全体的に大幅下落

 

目立ったニュースとしては、全体的にマイナス要素の多い傾向となりました。

韓国政府による規制強化のニュースは、昨年の中国政府による規制強化の噂と同じような流れになりました。

仮想通貨に関する法律の強化の噂→取引が全面禁止される噂→当局による「そのような事実はない」アナウンス

大きくこの3段階の流れです。

 

これにより、仮想通貨は全体的に下げ基調に。

16日7時15分の15分足を底として、前日比-20~-40%の下げ幅となりました。

 

個人的な見解として、当局が仮想通貨を購入するために価格を下げようとした意図的相場操作の可能性もあるのかな、とか。

色々な不安要素が爆発した感覚です。

参考:JPモルガン「ビットコインは詐欺」発言で見る価格操作疑惑と対策方法 | 仮想通貨JAPAN

 

どうやら毎年1月には暴落しているみたいですね。

 

 

2.不用意に買い煽りに乗ることは危険

 

 

仮想通貨には、

非中央集権タイプ(=特定の個人あるいは法人がその支配権を有していない状態)

中央集権タイプ(=特定の個人あるいは法人あるいはチームが何らかの目的をもって発行した通貨)

があります。

 

仮想通貨自体の思想は非中央集権を目的とした決済システムですが、現実にはそのような通貨は必ずしも多くはありません。

 

現在では、ICOと言う、仮想通貨の発行を利用した資金調達手段も存在します。

 

参考: f:id:snowart:20171227214253p:plainICOとは?仮想通貨を利用した資金調達法の解説と情報まとめ | finte [フィンテ]

 

ICOで発行された仮想通貨は、その発行理由や思想がはっきりとしているものから、中には詐欺のような通貨まで多様です。

ICO後に大きく金額を伸ばしたETH(イーサリアム)のようなものもあれば、

ICO時よりも値下がり(=ICO割れ)したMTH(モニーサ)等もあります。

 

※ICO割れ・・・原価割れ。資金調達時に1BTCで100MTH配布したとすると、1MTH=0.01BTCの価値になるはず。ところが、取引所に上場すると取引価格がそれ以下になる状態。

 

仮想通貨はとりあえず買っておけば上がると誤解されがちですが、

価格が上昇しやすい通貨には上記のようにしっかりとした思想や発行理由があることが多いです。

 

大きなポイントとして、

Twitterの仮想通貨有名人が購入した仮想通貨が、

必ずしもしっかりとした仮想通貨とは限らないのです。

 

買い煽りを誘発させ価格を上げ、十分上がったところで売り抜ける。

そんな事も時々発生しています。

参考ワード:ムショり人

 

そんな詐欺に引っかからない為には、自分で一次情報を集めることが重要となります。

 

仮想通貨にはそれぞれ思想、思惑があり、目的があります。

 

よく話題に上がる通貨であるリップル。

国際送金を早く安くする、という目的で作られました。

 

参考: f:id:snowart:20171227214253p:plain仮想通貨リップル(XRP)は、誰が何のためにつくったの?【目的】 | リップル通信

ちなみに、上記参考URLは厳密には一次情報ではありません。

一次情報はここになるのかな。

Ripple - One Frictionless Experience To Send Money Globally | Ripple

 

 

このように、目的や開発陣がしっかりしているコインを選ぶことが重要となってきます。

 

例外として、数打って暴騰する通貨をあてずっぽうに行く宝くじ感覚の購入であれば、ここまで調べなくてもよいのかもしれませんが。

 

 

3.初心者がフォローすべき仮想通貨アカウント

 

僕にとって、仮想通貨の情報源はTwitterです。

 

気になったことは時々検索しますが、冒頭で取り上げたbinanceのフィッシング情報や仮想通貨少女などを知ったきっかけはTwitterからです。

 

仮想通貨アカウントが増えていく中、

個人的に信頼度のあるお勧め仮想通貨アカウントを紹介したいと思います。

 

 

1.BCGODさん(@BCGOD777)

 

 

仮想通貨についてトレンドラインを初めとするテクニカル分析を用い、傾向を分析した画像をTwitterにアップしていらっしゃいます。

 

勉強途中の僕のような初心者にとってはとても役立つ参考情報です。

こうした傾向を知っておくことで、どのように値動きをしても落ち着いて対策を打つことが出来ます。

 

もちろん、他人の情報の鵜呑みは危険です。

 

 

2.玲奈さん(@reinabb3)

 

 

 

ブログで仮想通貨関連のニュース有名銘柄の基本情報等を発信していらっしゃいます。

昨年は仮想通貨の税制についての記事を最速で発表され、一気に知名度を伸ばしました。

 

中の人はどうやら実際に税金関連のお仕事をしているようで、その道のプロ。

語学も数か国語が理解できるバイリンガルだそうです。

外国語の記事を翻訳してまとめて公開してくださるのも、読めない我々にとっては非常にありがたいです。

 

仮想通貨取引だけでなく、税制や仮想通貨の基本情報等の周辺知識も学ぶことが出来るので、おすすめです。

 

もちろん、他人の情報の鵜呑みは危険です。 

 

 

3.100億円プレイヤーさん(@100OKUENPLAYER)

 

 

 

「 いくで。やるで。リップル買い増しや。」(IYRK)

 

一部ではかなり有名となった名言の生みの親。

元はcoincheckのチャットで活動していた方ですが、昨年なぜかBANされてしまったようです。

 

リップルを非常に応援している方。

時々チャートから将来予想をツイートされるのですが、

リップルに関するツイートが最も多く、時点でビットコインという感じです。

 

BCGODさんより比較的理解のしやすい将来予想と根拠をツイートされるので、

最初はこの方のツイートが理解できるようになる事を目標にすると良いでしょう。

 

もちろん、他人の情報の鵜呑みは危険です。

3回も書けばさすがに頭に残りますよね。。。

 

というわけで、今回は2点重要ポイントをお話ししました。

・Twitterの「この通貨が上がる」話は悪意を持ってつぶやかれていることもある。

・仮想通貨にはそれぞれ思想があり、その思想が怪しいものや思想が無いものは詐欺コインである可能性がある。

 

投資として仮想通貨に触れるのであれば、以上に気を付けて投資していきましょう!

 

僕が現在お勧めする取引所はここ。

リップル、モナコイン、ビットコインなどの取引手数料が全て無料です。

bitbank登録はこちら