初心者向け 0から始める仮想通貨【実践編:1】指値 逆指値 トレードビュー

こんばんは。べる(@910_miku)です。

 

 

大学生が仮想通貨に投資すること、仮想通貨で資産運用することについて書いた記事も、これで3記事目です。

 

これまでの記事はこちら。

 

※簡単に言うと、「短期的なお金稼ぎのためだけにやるのはやめとけ」って話。

大学生の仮想通貨【概念編:1】 - 日常の隙間で

 

大学生の仮想通貨【概念編:2】 - 日常の隙間で

 

 

 

今回から、実際に始めるにあたって最低限知っておくべきことなんかを書いていきたいと思います。

 

僕が手を出したときの資金量等も随所に入れて行くので、

興味のある方はしばらくお付き合いくださればと思います。

 

 

※投資や資産運用はすべて自己責任となりますので、その点はご了承ください。

 

 

 

(忙しい方は「その3」というところだけでも読むと面白いかと。)

 

 

※02/11追記

僕が現在お勧めする取引所はここ。

リップルモナコイン、ビットコインなどの取引手数料が全て無料です。

bitbank登録はこちら

 

 

1.口座開設

 

「仮想通貨取引するぞ!」と言っても、口座がなければ取引ができません。

 

この「口座」は、銀行口座のイメージとほぼ同義です。

 

三菱東京〇FJ銀行、ゆ〇ちょ銀行、りそ〇銀行に口座を開くイメージで、

仮想通貨取引を行う際は専用の銀行に口座開設をしなければなりません。

 

現在国内で有名な取引所はbitflyer」「coincheckの2つです。

このいづれかに口座開設することとなります。

(※この2つ以外は有象無象なので無視します。)

 

取引手数料や取り扱っている仮想通貨に若干の違いはありますが、

個人的にcoincheckをお勧めします。

 

bitflyerは見たところビットコインの取引手数料が1回の購入・売却ごとに5万円(11/29現在)発生するので、おすすめできません。

無料を謳っていますが、ビットコイン自体の価格に上乗せされているので実質手数料は5%といった所でしょうか。高い。

 

僕の使っているcoincheckも手数料は0ではありませんが、

サイト内の「取引所」というところで売買すればほぼ無料です。

「コインを買う」というところでも0.5%程度。

割と良心的です。

 

 

Coincheck登録はこちら

 

 

リンク先右上の新規登録から、取引アカウントを選択します。

画面の指示に従って登録を進めます。

 

完了すると、自宅に口座開設のお知らせはがきが来て開設完了となります。

はがきが届くまでに少しタイムラグが発生することもあるので、取引タイミングを逃さないためにも早めの開設がおすすめです。

 

 

2.coincheckに登録したら 入金、取引、売買

 

PCではブラウザから、スマホでは専用アプリからログインできます。

アプリでは少しだけ機能に制限があるので、ここではPC版での説明となります。

 

PCでログインすると、こんな画面になります。

 

※塗り潰し部分には保有資産が表示されます。

f:id:snowart:20171129170202j:plain

 

 

その1.入金する

 

ログイン画面から、緑色の下線部分をクリックするとあなた専用の入金口座が表示されます。(アプリからも確認可能。)

その口座にお金を振り込むと、coincheckの口座の「JPY」資産が増加します。

 

f:id:snowart:20171129170301j:plain

 

入金しないことには何も取引できないので、ご注意ください。

 

最速で即日反映ですが、2~3営業日かかる場合もあるようです。

暴落時を逃さないためにも早めの入金をお勧めします。

 

ちなみに僕は最初かなりビビッて8500円スタートでした。

現在のビットコイン価格を見ると最低でも15000円は必要かと思います。

※「その4」で理由を書いてあります。

 

 

その2.資産を確認する、仮想通貨を買ってみる

 

最初の画面上部の「ウォレット」をクリックすると、

f:id:snowart:20171129170836j:plain

 

現在の保有資産確認画面になります。

f:id:snowart:20171129171303j:plain

 

緑の下線部分をクリックすると、通貨選択画面になり、仮想通貨の売買が行えます。

 

ビットコイン」以外の仮想通貨「イーサリウム」「ビットコインキャッシュ」「リップル」等の売買は基本的にここで行います。

ビットコインの売買も行えますが、ここでは手数料が発生するため僕は使いません。

 

では、どこでやるかというと・・・

 

「取引所」をクリックし、

f:id:snowart:20171129171520j:plain

 

 

「トレードビュー」をクリックします。

f:id:snowart:20171129171544j:plain

 

 

するとこんな画面になります。

 

f:id:snowart:20171129173357j:plain

 

 

一気にトレーダーっぽい画面になりました。

映画なんかでパソコンの画面を何個も繋げて一面に表示されているような、あの画面。

 

ビットコインはここで取引すると、基本的には手数料が発生しません

 

画面右下部分に購入したい量と金額を入力して注文すると、

同じ値段で売り注文を出した世界の誰かと交換ができます。

売るときも同様です。

 

しかし、不幸にもこのトレードビューはPC版でしか利用できません 。

出先でスマホで売買する際は先ほどの「コインを買う」「コインを売る」というところからしか取引できません。

 

 

現在の相場価格は画面左の縦長部分に数字で流れます。

全取引がぶわーっと流れていくので、これを眺めているだけでも何となくの価格推移がつかめます。

 

画面中央右下部分の注文一覧という部分では、どれくらいの量のビットコインがどの価格で買い・売り注文が出ているかがわかります。

ここは上から消化されていきます。

 

現在の相場価格で買い注文を出さなくても、少し安めの価格で買い注文を出すこともできます。

 

 

その3.トレードビューでビットコイン売買をしてみる【指値・逆指値

 

この「いかにも」っていう感じのする画面の説明です。

 

画面をもう一度見てみましょう。

 

f:id:snowart:20171129173357j:plain



 

緑文字が買い注文、赤文字が売り注文です。

左側を見ると、

1238000円~1238400円の範囲で買い相場・売り相場ともに動いています。

 

仮にここで僕が1220000円で買い注文を出したとすると、

相場がその値段に下がるまで待機されるだけで、下がったら売買が成立します。

 

上がったら売る、下がったら買う。

この基本的な売買には、指値という名前がついています。

 

注文は画面中央左下部分で確認できます。

「未約定の注文」は成立しておらず待機している状態の注文、

「成立した注文」は文字通りこの画面で成立した注文履歴です。

 

 

 

もう一度画面を見てみてください。

未約定の注文欄に、何やら数字が書いてありませんか?

 

赤文字なので、これは売り注文です。

「現物」と書いてあるのが取引形態の名前ですが、ここでは省きます。

箇条書きの「・」とか「①」といった記号みたいに捉えてください。

 

現在、2件の売り注文を出していて、いづれも待機している状態ということがわかります。

cancelを押すと待機中の注文が取り消されます。

 

1行目はシンプルに、「150万円で0.01BTC売却する」という注文です。

1BTC=150万円以上で購入するという人が現れたら、僕の持つ0.01BTCと15000円が交換されます。

 

さて、2・3行目に何やらよくわからない記述があります。

 

      959998

現物 売 (960000) 0.01 BTC

 

これは「1BTC=960000円を下回ったらその瞬間に1BTC=959998円で 0.01BTC売り注文を出す」という注文です。

下がったら売る、上がったら買うと言った売買。

「逆指値という名前です。

 

 

相場がずっと上がり続けることになれば保有者は幸せになれますが、

そんな都合よくはいきません。

時には下がります。暴落も珍しくありません。

 

そうしたときに、必要以上の損失を被らないための予約注文が「逆指値です。

 

ずっとPC画面に張り付いているわけにはいきませんので、

事前に自分で「これ以上下がるのは我慢できない」「ここまで下がればある程度下がり続けるだろう」というラインを設定しておき、

そこで注文を出しておくのです。

 

相場が下がると、「大丈夫、いつか反発するから持ち続けよう」とする人は多いです。

 

ですが、大抵はここで失敗します。

下げ続け、大きな損失を被ってから売却。

売却したところを見計らったかのように反発して上昇。

僕が無知な状態で為替のFXに手を出した時の王道失敗パターンです。

 

損を出した時こそ、冷静な判断、時には勇気のある「損切り」が必要です。

 

 

その4.ビットコインは小数点でも売買できる

 

1BTC=100万円を超えた今、1BTC単位での売買は大学生にはかなり高い壁なのではないでしょうか。

 

ご安心を。

既にお気づきかもしれませんが、

ビットコインをはじめとする仮想通貨は小数点単位でも売買可能です。

 

ただし、0.0001BTCなど、1000円以下の取引はできないようです。

0.0101BTCとか、0.009001BTCならば可能なようです。

最低取引単位はビットコインの価格にかかわらず0.005BTCでした。

なので、現在では最低でも6000円入金しなければビットコイン取引が行えません。

※12/01修正

 

僕は基本的に0.01単位で取引しています。

現在1BTC=100万円を越えているので、

最低でも1万円となります。

 

このことから、始めの入金金額は15000円は必要となります。

 

 

3.最後に

 

この記事を読んで、実際に始めようと思った方、いやいややっぱりやめておこうと思った方等いろいろいらっしゃるかと思います。

 

僕はこの記事を、

・仮想通貨取引を始めたい人には僕の知っている知識すべてを(少ないですが)

・特に考えていない人には投資の雰囲気を

伝えられればと思います。

 

「やってみようよ!」「やめとけよ!」とかは全く考えていません。

読んでくださった方がいろいろな情報を知り、判断し、

パズルのピースを集めて素敵な絵を完成させてもらえればと思います。