説明会、講演会で絶対にすべきたった1つの行動

こんばんは。べる(@belltea910)です。

 

先日、とある講演会へ行ってきました。

壇上で偉い人が聴衆に向け、一つのテーマについて話をする。

「講演会」という場は初めての空間だなぁと思いましたが・・・

 

これ就活で散々受けた説明会と一緒や!

終わった後に気が付きました。

 

 

さて、今回は講演会の内容を紹介するのではなく、

説明会、講演会の場を有意義に過ごすための行動について考えてみました。

 

これから講演会へ行く機会のある方、就活を始める方、ぜひ読んでみてください。

 

 

講演会や説明会は、1 対 多数 という場です。

大勢の前で誰か1人が1つのテーマについて聴衆に話をする。

想像しやすい場面かと思います。

 

そこですべきことは、録音でも、メモを取ることでもありません。

質問をすること、ただそれだけです。

 

1.説明会、講演会の落とし穴

 

1 対 多 という場でされる話は、ずっと自分に関係ある話がされるわけではありません。

自分に関係する話もあれば自分に関係しない話も出てくるでしょう。

 

 

複数人に対する講演の難しい点は、ここにあります。

具体的な聴講者個人の背景や悩みがわからないがゆえに、

広く浅く抽象度の高い話しかできない。

それも聴講者が多ければ多いほど、より抽象的で全員にかすりそうな話をせざるを得ません。

 

***

 

「料理を教えてください」

こう質問されたとき、こちらから質問できないとしたら、あなたはどう教えてあげますか?

 

「中華料理で失敗したらとりあえずごま油を加えれば何とかごまかせるよ」

「料理のさしすせそって、味付けの時に入れる順番を説明しているんだよ」

 

・・・なんとも具体性のない回答です。

相手が料理の何で困っているのかわからない為、答えようがないのです。

その状況で話せることは、料理の大きな枠のお話。

オムライスの作り方とかハンバーグの材料とかを話そうという気にはならないのです。

 

 

講演者はこの状態に近いのです。

テーマは与えられた、だいたい来そうな年代もイメージできる、その人たちが考える悩みってこのあたりかな。

全部想像でしかなく、講演者によってその精度はかなり異なります。

自分に当たる話かどうか、一種のギャンブルです。

 

 

講演会で想像してみましょう。

 

 

講演会のテーマは、『「共感」営業コミュニケーション』とします。

(実際に講演会で検索して出てきたテーマです。)

 

 

営業コミュニケーション。

新規開拓の方法?既存客から新たな契約を取る方法?

話術等のテクニックの話?相手の反応から心理を読み取るメンタリズム的な話?

「共感」とあるから商品に共感してもらえるような話術だろうか?

それとも広く自分の話に共感してもらいやすい話し方だろうか?

想定顧客は?BtoB?BtoC?

 

今、僕が聴講者目線で10秒くらい想像してもこれだけ幅広い予想が出てきました。

参加者が100人としたら、100通りの予想が出るわけです。

講演者視点から「聴講者はこういった期待をしていそうだ」と考えると、

なるべく多くの方に当てはまるような無難な話をする流れになるでしょう。

 

多くの方に当てはまるような話というのは、テーマに対して浅く広く間口を取った内容でしかありません。

逆に、聴衆を特定テーマに誘導して話すこともあるでしょうが、

必ずしも自分にためになる内容を聞けるとは限りません。

 

これが、説明会や講演会のです。

 

少しでも分け前を多く持って帰るにはどうすればいいか。

質問するのです。

 

 

2.集中力の持続には限度がある

 

質疑応答の場は、講演者と1対1でコミュニケーションが取れる貴重な時間です。

ここでは、内容すべてが自分の収穫になります。

 

講演を聞いている間、少しでも疑問に感じたことやわからなかった点、気になる点は質問できるようにしておく必要があります。

ここではメモが大活躍ですね。

 

あるいは、講演会前にあらかじめ質問を考えておくことも手でしょう。

講演会を通じてどんなことを知りたいかまで考えられると、

講演中の集中力コントロールもうまくいきます。

人間は集中力を長時間持続させることができませんからね。

 

集中力に関しては、こんなデータがあります。

大人で平均45~50分、最長でも90分しか持続させることができないとか。

15分のインターバルが理想とも。

※参考:f:id:snowart:20171227214253p:plainhttp://www.asahi.com/ad/15minutes/article_02.html

 

いづれにしろ、講演会中ずっと集中できる人は少ないということがわかります。

 

質問するのが苦手、という人も、頑張って殻を破ってみてください。

質問することは恥ずかしいことではありません。むしろ嬉しい事です。

講演者の方も質問を待っています。

 

講演の場で聴衆に広く情報を与えた後、

質疑応答でそれぞれに合った話をした方が講演者の方も楽だと思いませんか?

 

少しでも疑問に思ったことは、積極的に質問しましょう。

僕も今後質問を積極的にしていきます。

 

このようにすれば、"分け前"が少しでも多い時間を過ごすことができます。

 

講演会前に質問を考える

講演会を通じてどんなことを知りたいかイメージする

講演中、気になった点などをメモする。

質疑応答で質問をする

 

ポイントはこの4つです。

 

 

3.自社サイトに書いてあるような話しかしない就活説明会

 

とはいえ、まず浅く広く情報を集めたい時には講演会や説明会は有効です。

 

講演者はテーマについて平均的で無難な内容を話す、ということはここまでで散々お話してきました。

これは、裏を返せばテーマについての基礎知識は講演会でつけることが出来る、という風にも捉えられます。

 

ただ、いつまでもそのレベルの聞き方をしていては、平均的で無難なレベルの知識しかインプットされません。

就活の説明会でどの企業も散々サイトに書いてあるような話しかしないという経験から嫌という程理解できるでしょう。

「募集要項は~」「年間休日は~」「男女比は~」

ググればわかる情報しか話しません。

 

 

折角、貴重な余暇時間とお金を使って参加するからには何か有意義な自分に最適化された情報を持って帰りたいところ。

 

その為にも、やっぱり4つのポイントが重要なのです。

 

講演会前に質問を考える

講演会を通じてどんなことを知りたいかイメージする

講演中、気になった点などをメモする。

質疑応答で質問をする

 

この4つです。

 

*****

 

以上、講演会を自分に最適化させるための手法でした。

時間もお金も有効活用していきましょう!