【Androidの画面破損】 画面が動かなくなった時の対処法

 

こんばんは、べる(@910_miku)です。

 

先日不幸にもスマホの液晶を割ってしまい、画面を触っても反応しなくなってしまいました。

新品との交換になったのですが、不幸にもバックアップデータをメモリーから削除した翌日で焦りに焦りました・・・ 

アプリデータや端末の電話帳が全滅したか、と絶望していましたが、友達から驚きのアドバイスが。

 

スマホとマウス繋いだらPCみたいに動かせるよ」

 

目から鱗の情報。その発想はなかった。

スタバに行くと時々タブレットにマウスとキーボートつないでPCみたいに動かしている人が居ますが、スマホでも可能なんですね。

 

液晶が反応しなくなった時、バックアップ目的だけではなく新しいスマホが到着するまで壊れたスマホで連絡を取り合う等等の意味でも役に立つので、そのやり方と必要なものを解説していきたいと思います。

 

 

 

1.用意するもの

 

Android端末

 

僕がiPhoneを使ったことがないので、iPhoneでも可能なのかわかりません。

 

・USB接続型マウス

 

PCに使う、普通のマウスです。

僕の持つマウスは有線ですが、無線のマウスも問題なく動くようです。

 

・USB変換アダプタ

 

「USB[A]コネクタ」 と 「USB[microB]コネクタ」を変換するアダプタになります。

前者がマウスをつなぐ部分で、後者がAndroidスマホを充電するときにつなぐ部分の名称です。

 

家電量販店に駆け込んで買ったのがこちら。700円くらい。

f:id:snowart:20171108233859j:plain

 

Amazonだとかなり安く買えますね・・・

僕が購入した時の約半額です。

会社は異なりますが、機能は同等です。

 

 

 

注意事項として、マウス接続中はスマホの充電ができません。

マウス接続に充電差込口を使ってしまうので、当然ではありますが。

 

マウスの電源はスマホの内部電池を使うので、早いペースで電池が消耗していきます。

加えて、接続中はマウスを少しでも動かすと画面がONになります。

 

あらかじめ半分以上は充電しておきましょう。

 

2.手順

 

端末に、変換アダプタを刺します。

 

 

f:id:snowart:20171109002436j:plain

アダプタ結構短いです。

一見不便そうですが、短い方がコンパクトで良いです。

※写真は交換後の端末です。

 

次に、変換アダプタにマウスを刺します。

 

 

f:id:snowart:20171109002340j:plain

マウスのケーブルだけでかなりの長さになります。

PC用となるとどうしても1~2メートルはあるんですよね。

持ち運びには向きません。

 

 

これだけで、基本的には端末が勝手にマウスを認識してくれるのですが、

僕の使用しているXperiaZ5は認識してくれませんでした。

調べてみると、どうやら接続してから「USB機器を検出」というボタンを押さないといけないそうで・・・

 

タッチ操作が反応しないからマウスを繋げているのに、マウスを認識させるためにタッチ操作しないといけない矛盾。

 

いやいや何か方法はあるはずだと諦めずに調べていくと、ありました。

タッチ操作なしでマウスを認識させる方法。

 

 

3.液晶が反応しないXperia z5でマウスを認識させる方法

 

一旦電源を落とします

その後、スマホとマウスを接続した状態で電源を入れると、「USB機器を検出」を押すことなくマウスを認識してくれるようです。

 

 

タッチ操作できない状態で電源を落とすには、音量を上げるボタンと電源ボタンを同時に長押しします。

すると数回バイブレーションがあった後、強制シャットダウンされます。

 

その後、再度スマホとマウスを接続して電源を入れると・・・

出ました。画面にマウスポインタ

(スクショしようとすると消えるマウスポインタ。)

 

 

良かった。生き返った。

 

クリックでタップ、ドラッグでスワイプ、マウスホイールはスクロール動作になります。

 

右クリック、ダブルクリック、ホイールクリックは特に特別動作がなかったので、機能が無いのでしょう。

 

クリックとドラッグだけでスマホ操作には困りません。

 

この後、僕が急いでバックアップを取ったのは言うまでもありません。

 

 

4.小ネタ

 

このように、マウスでスマホの操作ができることがわかりました。

しかし、すべてのアプリが使えるわけではありません。

 

アプリ上で「ボタン」としてプログラムされている部分はクリック・ドラッグで動きますが、

特定条件下でのみボタンとなり、通常はボタンとしてプログラムされていないという部分はクリック・ドラッグをしてもボタンとして動きません。

 

大富豪ONLINEなどがこれに当たります。

通常時は自分の手札をクリックしても拡大・縮小でしかありませんが、

自分のターンになると場に出すことができます。

 

この、「自分のターン」という特定条件下になっても、カードをドラッグしても場に出せませんでした。

手札が拡大・縮小ボタンとしてプログラムされているのでしょうか。

 

アプリごとのプログラムを推測できる、ちょっとした小ネタでした。

 

5.終わりに

 

タッチ操作ができなくなり、とても不便を感じました。

 

マウス操作を教えてくれた友人には感謝です。

バックアップだけでなく、新しいスマホが届くまでマウス操作で連絡を取り合うこともできました。

 

スマホは大切に使いましょう。

 

以上、べるでした。

 

 

 

スマホが使えない1日を過ごした時の記事はこちら。

 

snowart.hatenablog.com