ヤバイ栄養ドリンク「Danhoru」レビュー!前編

こんにちは。

新商品には目が無いべる(@910_miku)です。

 

帰り道。

いつもと同じなじみのコンビニへ入り、配置まで覚えた商品棚を見回していると、

ふと、今までには見たことの無い商品が目に入りました。

 

「Danhoru 男が冴えわたる、瞬間ブースター」

 

オロナミンCリポビタンDは好きで時々飲む程度にしか栄養ドリンク知識はありませんが、

「男性用」「女性用」と明確に性別でターゲットを区切っている栄養ドリンクは初めて見ました。

 

新商品好き冒険家のべる、これを買わない手は無い。

 

という訳で、今回は「Danhoru」のレビューです。

 

 

 

1.コンビニでの衝撃

 

手に取り、レジへ向かいます。

値札が無かったので値段が分からずに居ましたが、

オロナミンCリポビタンDの価格から200円もあれば買えるだろうと思い、レジへ向かいます。

 

 

店員さん「540円になります。」

 

僕「え?」

 

 

手のひらサイズのわずか100mlの栄養ドリンクが、540円というプレミア価格。

マックで昼食が食べられる価格。

平日だとカラオケに8時間いられる値段。

 

すこぶる効果があるのだと確信し、購入。

 

f:id:snowart:20171005171427j:plain

まさか値札を貼らないのはわざとか?とか思ったり。

 

 

きっと飲むと何もかもがうまくいったり、幸せになれるような成分が入っているのでしょう。知らんけど。

 

 

2.味。色。そして効果。

 

そんなこんなで結局ワクワクしながら帰宅。

一体どんな代物なのか、 100ml540円もする(くどい)栄養ドリンクとはなんなのか。

内容物への想像は膨らみます。

 

f:id:snowart:20171007000307j:plain

 

 

いざ、開封。

 

 

 

見た目には野菜ジュースのようなオレンジ色の飲料。

一見普通のジュースです。

 

f:id:snowart:20171007000419j:plain

 

意を決して、一口。

 

口に広がる何とも言えない味。

例えるならば、ウコンの力を濃縮しました、といった感覚。

ややとろみのある液体です。

 

オロナミンCリポビタンDとは違った、「肝臓の働きをダイレクトに促進します」系ドリンクの味を想像していただけると大方間違いではありません。

 

スーパードライジンジャー味」だそうですが、ジンジャー感は感じられませんでした。

ただただウコンの力

 

苦手な味です。

 

ウコンの力との味の違いは、なんとなくカレーっぽい香辛料の風味がある事。

調べていくと、どうやら香辛料の一種として利用される「フェヌグリーク」という植物から抽出した「テストフェン」という成分が関係しているようです。

 

テストフェンは、「男性パフォーマンスに関係すると期待されている」成分。

 

期待されている。。。お茶を濁した文面です。

 

その他、「全24種類のビタミン、ミネラル、抗酸化成分でさらに活力チャージ!」とのこと。

 

「さらに」ってことはテストフェン+その他成分という図式なのでしょうか。

「期待されている」という程度の成分を活力チャージの主力に据える点でやや不安が残りますが・・・

飲んだ次の日のパフォーマンスに期待が高まります。

 

 

きっとこのとろみのある100mlの液体に素晴らしい力の宿る効果が詰め込まれているものと期待しつつこの日は就寝します。

 

 

 

気になる効果の程は!?

 

 

「後編」はこちら。

 

snowart.hatenablog.com