話題のアプリ polca 早速使ってみた!

こんにちは。べるです。

 

今日は、Twitterで話題騒然のアプリ「polca」を使ってみたのでそのレビューをしたいと思います。

このアプリ、なかなかすごいですよ。

 

 

1.polcaってどんなアプリ?

 

polcaとは、「フレンドファンディングアプリ」です。

友達など近しい間柄で、お金のやり取りをするアプリです。

 

polca.jp

 

主催者は、お金を集めたい企画をアプリに登録します。

その後、企画のURLを共有することでお金を集めることが出来ます。

 

「〇〇の誕生日会をしたい!お金を集めてプレゼントを買おう!」

「新人の歓迎会を開きたい!お金を集めて会費に充てよう!」

 

こんな時に使えるのがこのpolcaというアプリです。

 

支援者は、気に入った企画に対してお金を支援できます。

対価として、主催者の決めたお礼を受け取れます。

「感謝」といったものもあれば、

「企画で製作した完成物」というものまで、多種多様です。

 

現在はリリース直後ということで、手数料等が一切かからないみたいです!

 

 

2.支援してもらうには?

 

まず、企画を立ち上げましょう。

 

アプリをダウンロードし、

電話番号とIDのみの簡単な利用登録を行うだけで企画を立ち上げられます。

 


f:id:snowart:20170811151610j:image

↑アプリホーム画面。初期状態ではTLに表示がなく、他人の企画を見るor自分の企画を立ち上げると動向が表示される。

 

この画面右下の黄色いボタンを押すと、企画立ち上げ画面になります。

初回のみ、チュートリアルを兼ねて自動で企画立ち上げ画面になります。

 

 


f:id:snowart:20170811151803j:image

企画タイトルを入力し、右上の「次へ」を押すと、

 


f:id:snowart:20170811151906j:image

目標金額、お返し、お礼のメッセージ入力画面になります。

 

 

目標金額…300円から100000円で設定可能。目標金額に到達しても支援募集は終了することなく、1ヶ月という期間を過ぎるか自分で終了させるまでは終わらない。支援額に到達しなかった場合も、それまでの支援金は受け取れる。

 

 

お返し…一人当たりの支援金額と、支援者に対するお返しの説明を記入する。支援金額は300円から30000円で設定可能。お返しは50文字以内で記入できる。


f:id:snowart:20170811152506j:image

 

 

お礼メッセージ…支援してくれた人に対して表示するメッセージ。

 
f:id:snowart:20170811152856j:image

支援した企画は自分が支援した日時が表示されます。この部分を押さないとお礼メッセージが表示されないので、見落とされがちかもしれません。

重要なメッセージは企画のコメント欄を利用するなど、工夫が必要です。

 

3.実際に企画を立ち上げてみた!

 

そこで立ち上げてみた企画がこちら。

 

ちょっと良いお店でディナーが食べたい! - polca(ポルカ)

 

 

増量のために食事量を増やしカロリー計算しているのですが、

サイゼリア、ガスト、うどん屋さんなど、カロリーを優先したお店選びになってしまっています。

 

食事量も増やしたため、財布も寒い…

 

そこで、今回立ち上げたのが「ちょっと良いお店でディナーが食べたい!」です。

 

 

*****

 

食事に関する経験は、とても大切だと思います。

 

現在の自分よりも敷居の高い空間で食事をする経験により、人としてのレベルが上がる。

 

そんな効果があると思っていますし、実際に僕はそんな経験がありました。

 

 

***

大学付近にあるイタリアンレストランで一人3000円のコースを頂く場でした。

恥ずかしながら僕の家はそれほど裕福ではなく、家族での外食はもっぱらファミレス。

ファミレスでも好きなものを食べるわけではなく、どうにか1000円に抑えるというルールがありました。

 

そんな金銭感覚だった僕にとって、一食で3000円はものすごく大金です。

 

やや緊張しながら当時の彼女に連れられ、見よう見まねで食器を扱いながら食事をしたこと、今でも覚えています。

味わうことよりもいかに上手く食器を扱うかの方に注力していたくらいです。笑

 

自分の無知、無経験というものを改めて思い知りました。

それからというもの、食器の扱い方を見直したり、食事中のマナーというものを初めて学びました。

人生の半分以上を外国で過ごしていた帰国子女に「箸の持ち方がおかしい」と指摘されたり、恥ずかしい思いもたくさんしました。

 

 

このイタリアンレストランでの経験が転機となり、食事に対する考え方が変わりました。

空腹を満たすものではなく、会話をしながら楽しむ場としての食事。

それまでの自分にはない視点です。

 

この後、服装をはじめとする見た目や、お金に対する価値観にも変化の波が広がっていきます。

 

***

 

長くなってしまいました。

このように、食事の経験というものはその人のレベルを形作るものだと思っています。

そこで、今回は背伸びをしたディナーへ行き体験をブログに書こうと思い、このような企画にしました。

大学の後輩を連れていき、僕がしたような価値観の転換を食事を通して提供してあげたい。

そんな思いです。

 

今思うとどう考えても説明不足ですね。反省点です。

 

お返しについては、支援してくださった方のTwitter、あるいはブログについて紹介する記事を書かせていただこうと思います。

 

*****

 

長くなってしまいましたが、以上です!

フレンドファンディングアプリ polca 紹介レビューでした。