大学生の仮想通貨【概念編:1】

こんばんは。べる(@910_miku)です。 

 

8月に、TLで「仮想通貨がすごい」というツイートを見かけました。

 

何事もとりあえずやってみる派の僕。

とりあえずcoincheckに登録。

それから今日まで、仮想通貨を保有しています。

(正式には暗号通貨と言いますが、日本では仮想通貨という名称で通っているのでこの記事でも仮想通貨で統一します。)

 

暴騰だの暴落だのといった単語が飛び交う仮想通貨アカウントの方々を見ていると、興味が湧いている方も多いのではないでしょうか。

でも、実際にやろうとするとリスクが怖かったりして中々手が出せないでいるのが普通でしょう。

 

 

ざわちんさんからとてもうれしいお言葉を頂いたので、張り切って記事にさせていただいています。

こうして楽しみにしてもらえたり、そしてそれを表明してもらえるとそれだけで嬉しくなりますね。

同時に、期待に添えるような内容を作らないといけないとプレッシャーがかかりいつも以上に文章構成に神経を張り巡らせます。

(これを書いている現時点で5000文字を超えているので収拾がつかなくなりつつあります。)

 

ここで、大学4年生の僕が、3か月仮想通貨取引をして思ったことや学びを書き連ねたいと思います。

 

 

この記事は、

仮想通貨に手を出してから今日までに思ったことや考えたことを書く【概念編】と、

実際に知識0から取引をして学んだことを書く【実践編】に分かれています。

 

 

「おすすめだよ!こうすれば儲かるよ!」という記事ではありませんし、

「絶対やめとけ。あほらしい」という記事でもありません。

実際にやってみてどうよ、といった所を主観でまとめた記事になります。

 

 

1.仮想通貨取引を始めてからの日常、時間コスト、精神的疲労

仮想通貨取引だけではなく「投資」となると、ずっとパソコンにかじりついていなければならないイメージがありますよね。

しかし、僕はそんな生活は送っていません。

実際にどれくらいの時間を仮想通貨取引に使っているのか、見てみましょう。

 

 

取引スタイル:中長期保有(その日購入した通貨はその日売る、といったデイトレードではなく、1度購入した通貨はある程度の期間・ある程度の金額になるまで手放さないというスタイルです。)

取引通貨:ビットコインリップルイーサリアムクラシック(撤退済み)、LISK(撤退済み)

 

 

まず、朝起きてから寝るまでの間、スマホのcoincheckアプリでの値動き確認は欠かせません。

これは気分的には今日の天気を確認するくらいの軽さです。

僕はそう頻繁に開いて取引をしているわけでもなく、基本的に購入して放置しています

特に大きく価格が上がったり下がったりした場合は非常事態として売っていますが、取引自体は週に1~2回あれば多い方です。

 

 

Twitter仮想通貨アカウントの方のつぶやきも定期的にチェックしています。

それぞれの方がそれぞれの意見や知識をもとに情報を発信しています。

初心者の僕はその言葉に流されそうになりますが、気にせず自分の感覚を頼りに取引しています。

他人の意見にいちいち流されていては、うまくいきません。

流されるのではなく、参考にして判断しましょう。

これは仮想通貨に限った話ではありませんが。

 

 

仮想通貨にかける時間のイメージは、ブログを読む程度の時間感覚です。

電車の中でTwitterやLINEをする時間のうちの一部がcoincheckアプリでの相場確認にすり替わっただけです。

なので、時間コストがかなり奪われている、というわけではありません。

 

 

精神的疲労に関しても、特に感じてはいません。

僕が最初に購入したときは1BTC=48万円(BTCとはビットコインの単位だと思ってください。)ほどだったと記憶していますが、

その後一度大きく下げて1BTC=30万円ほどまで下落したことがあります。

この時も特に精神的にすり減ってはいませんでした。

そもそも「捨て金」という心持ちで始めた仮想通貨取引、暴落しても仕方ないと割り切れる勇気も少し必要になってきます。

 

 

2.「捨て金」という心持ち

 

「捨て金」

良い響きではありません。

捨てていいお金など無いでしょう。

 

 

「投資は失っても良いお金でやれ」とよく言います。

これは、失った時の心理的ショックを少しでも減らすためのマインドセットですが、

冷静に考えてみても、捨てていいお金などありません。

 

 

僕はこの「捨て金」という言葉を、少し違った意味に捉えています。

失っても良いお金ではなく、すでに失っているお金、という意味です。

少しわかりづらいですね、例えばなしを作りました。

 

 

全財産20万円のA君は仮想通貨口座に10万円振りこみ、10万円分のビットコインを購入したとしましょう。

この時点で、A君の10万円は商品購入の際に使えませんし、日本円の10万円として銀行から引き出すことができません。(ビットコインで決済できるというツッコミはひとまず無視します。)

ビットコインを購入した時点でA君の10万円は仮想通貨の世界に吸い込まれており、日本円という形をしていないのです。

仮想通貨を購入しなければ、10万円分の商品購入が行えました。

しかし、その機会は失われているのです。

 

 

文章力が低いため、まだ伝わりづらいですね。

もう少し、具体的に例えてみます。

 

 

ある日、A君は自動車を運転していると交通事故を引き起こしてしまいました。

足を骨折してしまい、治療費と慰謝料等含めると、どうしても明日までに20万円が必要です。

ここで、仮想通貨に投入した10万円を回収して口座の日本円と合わせて20万円よういができるぞ!とA君は思いつきます。

しかし、そこには落とし穴が。

 

 

「日本円」で「仮想通貨」を購入すると、何となくすぐに現金化できるイメージがありますが、そうはいきません。

だいたい、以下のステップを踏むことになります。

 

 

まずビットコインを売却し、coincheck内の日本円にします。

その後、出金手続きを経て日本円として銀行口座に振り込まれますが、出金には1~2日かかります。

さらに、振込手数料が引かれます。

そのうえ、売却した時のビットコイン価格が購入時より下回っていた場合は元本の10万円が満額で返ってこないことになります。

 

 

さて、A君は20万円を用意できません。

幸いA君は実家暮らしなので、家には親がいます。

事情を話し、すぐに足りない10万円を用意してもらえることに。

もしも一人暮らしなどでお金が用意できなかったら、消費者金融なんかを使っていたのでしょうか。想像するだけで恐ろしいです。

 

 

交通事故の例では、「仮想通貨を購入したことで、仮想通貨に充てた10万円は日本円としての価値を保有しなくなった(治療費20万円に充てる機会が失われた)」ということになります。

もしもここで金融機関から借金をした場合、その利息も「仮想通貨購入により間接的に発生した損失」と考えることができます。

仮想通貨に使わなければ、借金せずに済んでいたわけですからね。

 

 

このように、まとまったお金を用意し切れていない学生の段階での投資には、通常考えられるリスクのほかに、そのお金を使えなくなるというリスクも発生するのです。

 

もう一つ重要なことがあります。

購入したビットコインが上がろうと下がろうと、その日本円換算額は「自分の持っているお金」として数えることができないということです。

 

ビットコインが上がった時点で売却をして初めて日本円の利益あるいは損失となりますが、(これを利確/損確と言います。)

それを通常の銀行口座に出金するまでは自分の持っているお金として数えることはできません。

だって、すぐに日本円として使えるわけではないですから。

 

投資に充てるお金は「捨て金」でやるべきであり、

それは「手元から失ったお金となる」ということがなんとなく伝わったでしょうか?

 

 

さて、これで「大学生の仮想通貨【概念編:1】」は一旦終了です。

 

今日の記事の内容は、簡潔にまとめると以下の内容でした。

・仮想通貨取引を始めてから今日まで、モニターに張り付く生活はしていない

・特にストレスもない。

・「投資は捨て金で」。

・捨て金=「既に失ったお金」。ビットコインは「商品」。

・投資に使うということは、同時に日本円としての価値を失うことになる。

 

いかがでしょうか、うまく伝わっているでしょうか?

もしもわからない部分があれば、Twitterやsarahahで遠慮なくご連絡ください。

 

べる (@910_miku) | Twitter

 

 

概念編をすべてつなげると6000字を超える超大作になってしまうので、

 

3.大学生が投資をするときに考えるべきこと

4.ここまで悪い話しかしなかったけど

 

という残りの内容は、明日公開させていただきます。

 

coincheck

 

 

 

2017年46週目 勉強になったツイートtop 10

2017/11/11~2017/11/17

 

おはようございます。べる(@910_miku)です。

 

増税案についていくつかの策を検討している、というニュースがTwitterで流れました。

 

年収1000万以上の会社員への増税、年収800万以上の子無し世帯への増税、消費税増税・・・

これほど「増税」に関するニュースが立て続けに流れたのは初めてではないでしょうか。

 

現在の財政状況では日本はやっていけないという裏付けが強く表れた形に思います。

将来を憂いても仕方がありませんが、個人レベルで自分の将来への準備はしておかないといけませんね。

 

それでは、今週のツイートtop10です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10.Skype飲み

 

会社の人や友達と飲み会へ行く機会は皆さんあるのではないでしょうか。

現代では、ツイートのようにSkypeをつないで自宅で飲み会しあうという方法を取る人もいるようです。

 

すごく画期的な方法だと思いました。

 

自分で調達しないといけないというところはありますが、

安く済む、終わったらすぐに寝れる、タバコが苦手な人が煙に巻かれる心配がない、遠方の人とも可能という利点がありますね。

僕も機会があればやってみたいと思います。

 

ーーーーー

9.リスクに備える

 

個々人では日常のリスクを考えて生命保険や損害保険などに加入するのに、

国レベルとなると「日本は戦争なんておきやしない」とリスクを見ようとしなくなる人が居ることに驚きです。

 

究極的にはいつ何時どの国から攻められてもおかしくはない状況だと思うので、

残念ながら軍隊は必要でしょう。

 

将来起こりうる危険性を考慮しない、最新のテクノロジーは怪しい。

初めから否定せずに、まずは受け入れてみると違った世界が開けると思います。

 

ーーーーー

8.激安の危険

 

安物買いの銭失い という言葉があるように

安いものは製造過程や原料、流通過程等、どこかでコストカットがなされています。

 

化粧品やコンタクトレンズともなると、人体に直接使用するものです。

体が吸収して毒になるようなものはさすがに利用されていないとは思いますが、

長い目で見ると悪影響が出るかどうか、というところまではどの会社も実験し切れていないはずです。

 

お金をかけるべきところと激安商品で済ませるところの力加減をうまく考えていきたいです。

 

ーーーーー

7.メルカリから学ぶ商品販売

 

メルカリでいろいろな商品を購入すると、商品カテゴリーごとの特色が見えて興味深いです。

 

本を購入すると、高確率でちょっとしたお礼のメッセージカードが付いてきます。

ゲームを購入すると、メッセージカードなどはついておりません。

衣服を購入してもメッセージカードはありませんが、

参考書を購入すると「勉強頑張ってください」といったメッセージカードがついてきます。

 

メッセージカードの有無では金額にも商品価値にも全く関係しませんが、

受け取った人はどこか少しあたたかい気持ちになります。

 

こういった、少しの気遣いが実は目に見えない大きなところで作用するのかな、とも考えます。

 

ーーーーー

6.子無し世帯への増税

 

今週Twitterを騒がせた増税案。

このツイートは正論であると僕は考えますが、

「子無し世帯は老後の生活を子供に頼れない。そんな中増税するならば逆に子無し世帯には老後多めの年金を!」だったり、

「欲しくても恵まれなかった。増税するならば不妊治療費をもっと出せ」だったり、

「まるで罰則のような増税はすべきでない」等、

様々な意見が紛糾していました。

 

消費税には逆進性があるから不公平だ、いやいや国民全員から徴収できる上に富裕層は多く消費し貧困層は消費が少ないから理にかなっている等、議論は尽きません。

 

いづれにしろ、この国の財政状況が厳しいからこそこのような状況に陥っているのではないでしょうか。

増税は避けられないので、増税が行われる分より多く稼げるようになりたいですね。

口で言うのは簡単ですが、実際は困難でしょう。

しかし、自分の収支を変える方が国の税金議論をひっくりかえすよりは簡単なのではないでしょうか。

 

ーーーーー

5.働き方改革

 

働き方は個人の自由だと思います。

しかし、実際には企業の習慣や規則によって働き方が縛られているのも事実。

「働き方改革」という流れを政府が率先して作らなければ、個人が働き方を変えることを企業が納得する合理的な言い訳にならないのだろうと思います。

 

日本のママ友はムラ社会制度とよく揶揄されますが、

こんなところにもムラ社会制度が残っているわけです。

改革は数十年単位の時間が必要でしょう。

 

ーーーーー

4.「美味い」と感じるポイントの個人差

 

先週のまとめでは、「料理は簡単 という簡単に幅がある」というツイートを紹介しました。

こちらは少し似ていますが、「美味い」という幅の話です。

 

美味いと一言で言っても、目で感じる人や技術で感じる人、説明で感じる人もいることは驚きました。

自分の中で「美味い」という感覚は舌からしか作られないと思っていたからです。

 

人間の感覚は想像以上に色々な要素から快・不快を感じ取っているのだと勉強になりました。

 

ーーーーー

3.社会の仕組みの変え方

 

教員がブラックだと良く耳にします。

それは今までずっと声を上げず、その働き方が当然であると誰もが疑わなかったからでしょう。

新しい教員も、最初は疑問に感じても染まって行った。

ここにきて「働き方改革」の機運が高まり、問題が顕在化したのだと思います。

 

教員に残業代を出すようになると確実に教員の働き方は変わりそうです。

ですが、その法案を通すメリットが国になさそうなので、

まずそのような法案を立てるような流れを作らないといけないかもしれません。

 

残業代を出す法案にしろ、そもそも勤務時間を変えるように勧告させるにしろ、

「現在の仕組みではやっていけません」という主張をしなければなりません。

今の仕組みがどれだけだめだとしても、業務が回っている以上は後回しにされてしまうでしょうから。

 

ーーーーー

2.幸せそうな人

 

これは印象ですが、幸せそうな人の周りにいる人も大抵幸せそうに見えます。

自分が何となく幸せになりたければ、幸せそうに振舞って幸せそうな人とつながると本当に幸せになれそうです。

 

いつも愚痴だとか悪口だとか言っている人とつながっても、悪い気が伝染してしまいます。

自分まで気が滅入ってしまいます。

幸せになる方法もたくさん考えられていますが、まず自分が幸せそうにするとか、幸せそうな人とつながるのもありだと思います。

 

幸せそうな人と繋がるのに自分が不幸そうでは絶対に繋がれなさそうだとも思いますし。

 

 

ーーーーー

1.保育士の衝撃的賃金

 

勤務年数35年で手取り18万は安すぎると思います。

僕はまだ学生なので給与のスケール感がまだあまりありませんが、

手取り18万は大卒の新卒くらいの金額なのではないでしょうか?

 

この金額で35年の経験、さらに主任を務めている給与とは、失礼ながら信じられません。

こうして声を上げることが社会の仕組みを変えることにつながると良いですが。。。

 

ーーーーー

 

番外編:風邪予防の基本

 

急に寒くなってきました。

どうやらインフルエンザの予防接種を終えた方もちらほらいるようで。

 

風邪や病気は外出後の行動が一番の予防になります。

つり革、ドアノブ、PC、スマホ等、手の接触によって細菌を貰ってくる機会はごまんとあります。

まず外出後は手を洗いましょう。

 

外出時はとにかく積極的に水分を取ることも重要です。

のどに付着した細菌を胃へ流し、消化してしまうという方法です。

小児科や内科のお医者さんが取っている方法だそうです。

とはいえ、できるならばうがいをして体外に排出してしまうことが理想です。

 

体調を崩さないよう、冬を乗り切りましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、11ツイートを選ばせていただきました。

この場を借りて、上記11名の方々にお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

2017年46週目 勉強になったツイートtop10でした。

 

先週はこちら。

 

snowart.hatenablog.com

 

 

説明会、講演会で絶対にすべきたった1つの行動

こんばんは。べる(@910_miku)です。 

 

先日、とある講演会へ行ってきました。

壇上で偉い人が聴衆に向け、一つのテーマについて話をする。

「講演会」という場は初めての空間だなぁと思いましたが・・・

 

これ就活で散々受けた説明会と一緒や!

終わった後に気が付きました。

 

 

さて、今回は講演会の内容を紹介するのではなく、

説明会、講演会の場を有意義に過ごすための行動について考えてみました。

これから講演会へ行く機会のある方、就活を始める方、ぜひ読んでみてください。

 

 

講演会や説明会は、1 対 多数 という場です。

大勢の前で誰か1人が1つのテーマについて聴衆に話をする。

想像しやすい場面かと思います。

 

そこですべきことは、録音でも、メモを取ることでもありません。

質問をすること、ただそれだけです。

 

1.説明会、講演会の落とし穴

 

1 対 多数 という場でされる話は、時間中ずっと自分に関係ある話がされるわけではありません。

自分に関係する話もあれば自分に関係しない話も出てくるでしょう。

 

少し、イメージしてみてください。

 

壇上で話をする人は、果物農家の人です。

農園で収穫した果物(=提示したテーマ内容)を、目の前に座っている人達(=聴衆)にランダムに分配(=講演)します。

果物の分け前を沢山貰えた人(=とてもためになる話が聞けた人)もいれば、

不幸にもうまく分配されず、少ししか果物を持って帰ることができない人(=あまりためにならなかった人)も出ます。

果物は持って帰れたが、自分の欲しかった果物ではない人もいるかもしれません。

 

果物の総量は決められているので、分配に偏りが出てしまいます。

参加者が多ければ多いほど、全員に公平に分配できるよう無難な果物にもなるかもしれません。

 

 

具体的に、講演会で想像してみましょう。

 

 

講演会のテーマは、『「共感」営業コミュニケーション』とします。

(実際に講演会で検索して出てきたテーマです。)

 

 

営業コミュニケーション。

新規開拓の方法?既存客から新たな契約を取る方法?

話術等のテクニックの話?相手の反応から心理を読み取るメンタリズム的な話?

「共感」とあるから商品に共感してもらえるような話術だろうか?

それとも広く自分の話に共感してもらいやすい話し方だろうか?

想定顧客は?BtoB?BtoC?

 

今、僕が10秒くらい想像してもこれだけ幅広い予想が出てきました。

参加者が100人としたら、100通りの予想が出るわけです。

講演者の方もそれを想定していると思うので、なるべく多くの方に当てはまるような話をする流れになるでしょう。

 

多くの方に当てはまるような話というのは、テーマに対して浅く広く間口を取った内容でしかありません。

逆に、聴衆を自分のテーマに引き込むということもあるでしょうが、それでも必ずしもためになる内容を聞けるとは限りません。

 

これが、説明会や講演会のです。

 

少しでも分け前を多く持って帰るにはどうすればいいか。

質問するのです。

 

 

2.質問すると"分け前"が増えるわけ

 

質疑応答の場は、講演者と1対1でコミュニケーションが取れる貴重な時間です。

ここでは、内容すべてが自分の収穫になります。

 

講演を聞いている間、少しでも疑問に感じたことやわからなかった点、気になる点は質問できるようにしておく必要があります。

ここではメモが大活躍ですね。

 

あるいは、講演会前にあらかじめ質問を考えておくことも手でしょう。

講演会を通じてどんなことを知りたいかまで考えられると、講演中の集中力コントロールもうまくいきます。

人間は集中力を長時間持続させることができませんからね。

 

集中力に関しては、こんなデータがあります。

大人で平均45~50分、最長でも90分しか持続させることができないとか。

15分のインターバルが理想とも。

※参考:

http://www.asahi.com/ad/15minutes/article_02.html

 

いづれにしろ、講演会中ずっと集中できる人は少ないということがわかります。

 

質問するのが苦手、という人も、頑張って殻を破ってみてください。

質問することは恥ずかしいことではありません。

 

講演者の方も質問を待っています。

 

講演の場で聴衆に広く情報を与えた後、質疑応答でそれぞれに合った話をした方が講演者の方も楽だと思いませんか?

 

少しでも疑問に思ったことは、積極的に質問しましょう。

僕も今後質問を積極的にしていきます。

 

このようにすれば、"分け前"が少しでも多い時間を過ごすことができます。

 

講演会前に質問を考える

講演会を通じてどんなことを知りたいかイメージする

講演中、気になった点などをメモする。

質疑応答で質問をする

 

ポイントはこの4つです。

 

 

*****

 

 

こうして、自分の時間を少しでも効率的に使っていきましょう!

1日は24時間と限られています。

その中でできることはもっと限られています。

貴重な余暇時間を講演会や説明会なんかに使うなら、とことん有効活用しましょう!