細身体質の増量日記 1か月半まとめ

こんばんは。べるです。

 

1か月半継続してカロリー計算、タンパク質摂取量を行っていました。

それに応じて、定期的に体重を計測し変化をチェックしていました。

改めて数値をまとめてみたので、ここに公開しようと思います。

 

 

1.カロリー摂取量と体重変化

 

こちらが一か月半のデータです。

 

f:id:snowart:20170813173042p:plain

 

 

折れ線グラフが日々の摂取カロリーの合計、オレンジ色の点が体重です。

ところどころ切れているのは、「しゃぶしゃぶ食べ放題だった」「お祭りの縁日へ行った」等の計測不能部分です。

 

体重推移はだいたい上向きな気がしますが、摂取カロリーについては上下していてよくわかりませんね・・・

 

ここに、近似直線を加えてもう一度見てみます。

※近似直線とは

近似曲線とは、グラフにプロットされたデータの傾向を視覚的に表したい時に利用するものです。 データの予測の問題を分析する時に利用されますが、予測でなくても、例えば上がり下がりが多い折れ線グラフの場合で、全体の傾向としては上がっているのか、下がっているのかを判断する場合に近似曲線を追加すると、その傾向が一目で判ります。

参考:近似曲線の利用

 

 

加えたグラフがこちら。

 

f:id:snowart:20170813173516p:plain

 

摂取量は若干下向きに推移しています。

 

初日の計測結果を見て摂取量を増やしたのち、金銭的に困窮してあまり増やせなかったことが響いています。

プロテインが届いてからは積極的に飲んで不足しているカロリーを摂取していけているので、最近のデータだけを見ると上向きになるはず、です。

 

体重に関しては明確に上向きですね。

しかしながら安定とは程遠い状況です。

 

一度55kgを突破して喜んでいましたが、その後連続で減少。

 

今日の朝計測した際は53.8kgまで減少していたので、非常に残念です。

 

なかなか一筋縄にはいきません。

 

2.タンパク質摂取量と体重変化

 

タンパク質摂取量を計測し始めたのがカロリー計算開始から少しずれているので、グラフの日付も少しずれています。

 

こちらが約1か月のデータです。

 

 

f:id:snowart:20170813174843p:plain

※日付は最初が7月7日です。

 

カロリー摂取量のグラフと同様、折れ線グラフにタンパク質摂取量、オレンジ色の点に体重を取っています。

 

 

f:id:snowart:20170814225056p:plain

 

体重が増加傾向であることは既に実証しました。

タンパク質摂取量についても増加傾向にあります。

 

 

f:id:snowart:20170814225322p:plain

 

こちらについても、細分化してグラフにしていきます。

 

 

f:id:snowart:20170814230149p:plain

 

f:id:snowart:20170814230140p:plain

 

f:id:snowart:20170814230052p:plain

 

f:id:snowart:20170814230040p:plain

 

※系列1:体重変化(右目盛り) 系列2:タンパク質摂取量変化(左目盛り)

 

近似直線(点線)の示すタンパク質摂取量の傾向と体重変化について、大雑把ですが次のことが言えそうです。

 

・タンパク質摂取量についての近似直線の終着点±0.5kgの範囲に体重が変化する。

・7/25~8/4の期間は上記の限りではない例外。

 

これもカロリー摂取量と同様の結論ですね。

そもそもカロリー摂取量が増加すればタンパク質摂取量もだいたい増加するという相関関係にあるため、当然の結果かもしれません。

 

 

3.まとめ

 

開始して1か月半のデータをグラフにして分析してみました。

 

増量する為には、食べる絶対量を増やしたうえで、

 

摂取した食事から吸収されるカロリー量-基礎代謝によって消費されるカロリー量-日々の運動によって消費されるカロリー量=余剰カロリ―

 

という式に従って余剰カロリーを確保しなければなりません。

 

そこから、筋トレによる筋肥大、あるいは脂肪としての貯蓄を行わなければ体重は増えません。

 

体重が増減しているのは、前日の食事による排せつ物が次の日の朝にまで蓄積して影響していることが考えられます。

筋肉・脂肪として増やしていかないと、体重増減が続いてしまいます。

筋肉がつくことによる体重増加となれば、長い目で見て体重は右肩上がりに収束していくことかと思います。

 

 

ここまでで整理したデータから、

基礎代謝が普通より多いor栄養の吸収が非効率的

・筋トレ量が足りない

・カロリー摂取量、タンパク質摂取量共に1日ごとの変化が大きい

・体重の変化は排せつ物の体内蓄積が影響している

という仮説が立てられます。

 

よって今後の目標としては、

・カロリー摂取量は最低2160kcalを目標としていく。

・タンパク質摂取量は最低110gを目標としていく。

・筋トレ量を増やす。

とします。

 

ジムへ通いたいのですが、自宅から最も近いジムが車で30分ほどかかるので諦めました。

大学のトレーニングルームを活用するため、使用申請期間になり次第申請しに行こうと思います。

 

以上、増量日記 1か月半のデータ分析でした。

 

 

細身体質の増量日記 47日目 ファミマのダブルクリームサンド 驚きのカロリー

20170812

 

 

朝食 8:30

プロテイン

 

255kcal

P=38

 

間食 11:00

親子丼

 

348kcal

P=15

 

昼食 14:30

白身フライ

からあげ

ごはん

卵スープ

 

673kcai

P=27

 

夕食 20:00

ステーキ

ごはん

 

923kcal

P=22

 

夜食

ダブルクリームサンド

プロテイン

 

 

627kcal

P=44

 

計:2826kcal(+654)

タンパク質:146g(+36)

 

筋トレ:

足上げキープ15秒×4

腕立て20×3

 

 

驚くべくべきは「ダブルクリームサンド」のカロリー。

大きさは手のひら大くらい。

 

f:id:snowart:20170813114021j:plain

↑これ

 

この大きさで驚きの348kcal。

僕の朝食くらいのカロリーです。

糖分もたっぷりでしょう。

 

今までこういったスイーツのカロリーや糖分を気にしたことがありませんでしたが、

これからは手に取ったときに表記を気にしてみようと思います。

 

 

細身体質の増量日記 46日目

20170811

 

朝食 10:00

チャーハン

ヨーグルト

 

412kcal

P=11

 

昼食 13:00

肉うどん

 

430kcai

P=17

 

夕食 20:00

チキンカツバジル風味

ごはん

卵豆腐

 

719kcal

P=23

 

 

計:1561kcal(-509)

タンパク質:51g(-59)

筋トレ:なし

 

すごくカロリーが足りなかった。

原因は明らか。

話題のアプリ polca 早速使ってみた!

こんにちは。べるです。

 

今日は、Twitterで話題騒然のアプリ「polca」を使ってみたのでそのレビューをしたいと思います。

このアプリ、なかなかすごいですよ。

 

 

1.polcaってどんなアプリ?

 

polcaとは、「フレンドファンディングアプリ」です。

友達など近しい間柄で、お金のやり取りをするアプリです。

 

polca.jp

 

主催者は、お金を集めたい企画をアプリに登録します。

その後、企画のURLを共有することでお金を集めることが出来ます。

 

「〇〇の誕生日会をしたい!お金を集めてプレゼントを買おう!」

「新人の歓迎会を開きたい!お金を集めて会費に充てよう!」

 

こんな時に使えるのがこのpolcaというアプリです。

 

支援者は、気に入った企画に対してお金を支援できます。

対価として、主催者の決めたお礼を受け取れます。

「感謝」といったものもあれば、

「企画で製作した完成物」というものまで、多種多様です。

 

現在はリリース直後ということで、手数料等が一切かからないみたいです!

 

 

2.支援してもらうには?

 

まず、企画を立ち上げましょう。

 

アプリをダウンロードし、

電話番号とIDのみの簡単な利用登録を行うだけで企画を立ち上げられます。

 


f:id:snowart:20170811151610j:image

↑アプリホーム画面。初期状態ではTLに表示がなく、他人の企画を見るor自分の企画を立ち上げると動向が表示される。

 

この画面右下の黄色いボタンを押すと、企画立ち上げ画面になります。

初回のみ、チュートリアルを兼ねて自動で企画立ち上げ画面になります。

 

 


f:id:snowart:20170811151803j:image

企画タイトルを入力し、右上の「次へ」を押すと、

 


f:id:snowart:20170811151906j:image

目標金額、お返し、お礼のメッセージ入力画面になります。

 

 

目標金額…300円から100000円で設定可能。目標金額に到達しても支援募集は終了することなく、1ヶ月という期間を過ぎるか自分で終了させるまでは終わらない。支援額に到達しなかった場合も、それまでの支援金は受け取れる。

 

 

お返し…一人当たりの支援金額と、支援者に対するお返しの説明を記入する。支援金額は300円から30000円で設定可能。お返しは50文字以内で記入できる。


f:id:snowart:20170811152506j:image

 

 

お礼メッセージ…支援してくれた人に対して表示するメッセージ。

 
f:id:snowart:20170811152856j:image

支援した企画は自分が支援した日時が表示されます。この部分を押さないとお礼メッセージが表示されないので、見落とされがちかもしれません。

重要なメッセージは企画のコメント欄を利用するなど、工夫が必要です。

 

3.実際に企画を立ち上げてみた!

 

そこで立ち上げてみた企画がこちら。

 

ちょっと良いお店でディナーが食べたい! - polca(ポルカ)

 

 

増量のために食事量を増やしカロリー計算しているのですが、

サイゼリア、ガスト、うどん屋さんなど、カロリーを優先したお店選びになってしまっています。

 

食事量も増やしたため、財布も寒い…

 

そこで、今回立ち上げたのが「ちょっと良いお店でディナーが食べたい!」です。

 

 

*****

 

食事に関する経験は、とても大切だと思います。

 

現在の自分よりも敷居の高い空間で食事をする経験により、人としてのレベルが上がる。

 

そんな効果があると思っていますし、実際に僕はそんな経験がありました。

 

 

***

大学付近にあるイタリアンレストランで一人3000円のコースを頂く場でした。

恥ずかしながら僕の家はそれほど裕福ではなく、家族での外食はもっぱらファミレス。

ファミレスでも好きなものを食べるわけではなく、どうにか1000円に抑えるというルールがありました。

 

そんな金銭感覚だった僕にとって、一食で3000円はものすごく大金です。

 

やや緊張しながら当時の彼女に連れられ、見よう見まねで食器を扱いながら食事をしたこと、今でも覚えています。

味わうことよりもいかに上手く食器を扱うかの方に注力していたくらいです。笑

 

自分の無知、無経験というものを改めて思い知りました。

それからというもの、食器の扱い方を見直したり、食事中のマナーというものを初めて学びました。

人生の半分以上を外国で過ごしていた帰国子女に「箸の持ち方がおかしい」と指摘されたり、恥ずかしい思いもたくさんしました。

 

 

このイタリアンレストランでの経験が転機となり、食事に対する考え方が変わりました。

空腹を満たすものではなく、会話をしながら楽しむ場としての食事。

それまでの自分にはない視点です。

 

この後、服装をはじめとする見た目や、お金に対する価値観にも変化の波が広がっていきます。

 

***

 

長くなってしまいました。

このように、食事の経験というものはその人のレベルを形作るものだと思っています。

そこで、今回は背伸びをしたディナーへ行き体験をブログに書こうと思い、このような企画にしました。

大学の後輩を連れていき、僕がしたような価値観の転換を食事を通して提供してあげたい。

そんな思いです。

 

今思うとどう考えても説明不足ですね。反省点です。

 

お返しについては、支援してくださった方のTwitter、あるいはブログについて紹介する記事を書かせていただこうと思います。

 

*****

 

長くなってしまいましたが、以上です!

フレンドファンディングアプリ polca 紹介レビューでした。